株式会社電盛社
株式会社電盛社

Recruit Interview社員インタビュー

Software
Development
ソフトウェア開発事業

働きやすく、働きがいのある職場環境。
課題を解決に導くことが、
開発者に求められる技術です。

ET本部 組込ソフト開発部 主任 K.S 2003年入社

就職活動の際、電盛社がソフトウエア開発、通信ネットワーク、両方のプロフェッショナルであることに魅力を感じました。入社後しばらくは自社でソフトウエア開発に携わっていましたが、その後の約10年間はユーザーのもとで液晶装置のソフト開発を担当していました。装置ごとに仕様が異なり、長期の開発になります。さらにソフトだけでなく、メカ(機械)とエレキ(電気)とチームでひとつの装置の開発に取り組むことになるため、それぞれの専門家同士でのやりとりや、チーム全体での情報共有など、コミュニケーションの重要性を感じました。装置のソフト開発は、ただプログラムを組むのではなく、先の動きを読みながら、機械や電気制御との兼ね合いを考えながら、あらゆることを想定に置いて取り組んでいく必要があります。ある意味、想像力が求められる仕事です。

その後は自社に戻り、さまざまなクライアントから依頼を受け、ソフトウエアの開発を行っています。現在は、半導体製造装置関連の開発を行っており、装置からの情報を解析し、正常に動作しているか監視するソフトウエア開発を担当しています。装置の動作に異常があればアラームでユーザーに知らせる仕組みをつくっていますが、条件や使い勝手をクライアントからヒアリングしながら開発、機能をバージョンアップしていきます。私たちの業界の技術は、常に新しいものが更新されています。その新しいものを取り入れていくことが、仕事のおもしろみでもあります。今後は、ソフトウエア開発にAIの技術を組み合わせていくなど、チャレンジしていきたいと考えています。ただ、新しい技術だから取り入れればいい、というものではなく、必然性や必要性をしっかりと吟味していきたいと思います。ソフトウエア開発に求められるのは、課題をしっかりと解決に導く技術なのです。

電盛社は、働きやすく、同時に働きがいのある会社です。一人ひとりに対して任されている仕事が多いので、責任の重さを感じることはありますが、その仕事に対して自分のペースで、自分の考えのもとに進められるという自由さもあります。さまざまなクライアントがいて、ソフト開発だけでなくネットワーク通信など、他の分野についても、学ぼうと思えば学べる環境です。モノが完成した時に、そのモノが何かを生み出したり、世の中の役に立ったり、うまく機能することで得られるものがあったり、ユーザーの喜びがそのまま私たちの仕事のやりがいにつながります。今後小学校の教育の中でもプログラムが重要視されるなど、発展的な業界です。私自身の子どもに対しても、プログラムについてわかりやすく、ちゃんと教えられるように、これからも研鑽を重ねていきたいと思います。

Guideline & Entry募集要項・エントリー

新卒・既卒に関わらず、皆様の応募をお待ちしています。